この数字は実におもしろい数である。

この数字が意味するもの。

それは「漢字」であります。

日本で一番画数の多い漢字をご存じしょうか?

 

日本一画数の多い漢字は「たいと」という字。

ただし、常用漢字では無いので、パソコンで変換することもできないほどのとっても難しい文字です。

 

では、ここで気になる事が、漢字の本場である「中国」では?ということ。

 

その中国で最も画数の多いとされている漢字は

biang ビィアン 画数:56画

 

もう〜何が言いたいのかさっぱりわからないですよね。

 

この「ビィアン」と言うのは、麺の種類のひとつで

「ビャンビャン麺」と呼ばれるものだそう。

 

つまり、中国で「ビャンビャン麺」が食べたくなった時には、

口頭で伝わらなかったら、この文字を書いて伝えるしかない…。

 

そうなんです。この恐ろしいほどに難しい漢字を使うしかないわけです。

 

でも、この字を書くくらいなら「ビャンビャン麺」の絵を描いたほうが早いかもしれませんね 笑

 

(その前に、びゃんびゃん麺って何??)

 

中国の古字として「ホウ・ビョウ」という128画の漢字があったそうな。

これは、中国の辞典にも載っていないし、
もちろんパソコンでも変換できない漢字の一つとして

超マニアの間で知られているのです。

 

 

さて、それでは日本で一番画数が多い漢字の「たいと」

taito たいと 画数:84画

 

ちなみにこの字は、日本人の苗字らしいです。
(実在するかは不明との事)

 

バランス良くきれいに書くには、とにかく難しいんでしょうね〜。