これは、本当にあったおはなし。

誰もが魅了されちまう「夢の国」。

そう、あの「ディズニーシー」に行った時のこと。

 

トイレに行くと「ゴキブリ」が突然出現したのだ!!!!!

 

その俊敏な動き。

そして、親指ほどの大きさしかないにもかかわらず

凄まじき存在感というオーラを身にまとい

 

同じ空間にいた誰もが、その目を奪われたのだ。

 

そのおり、一人が騒ぎはじめた。

 

すると、その空間はどよめきだし、

すでに我々は、そのゴキブリの圧倒的な覇気

自分たちの意識も生命力も全てが吸収されつつあった…。

 

すると、そこへ

 

一人の清掃員が現れた。

 

その清掃員は、すぐさまその「ゴキブリ」の前に立ち、こう言った。

 

 

ダ〜〜メじゃないかぁ、ゴキーヌ〜…。

さぁ、もうすぐステージが始まるよ!

おめかしして、目一杯ミッキーたちと踊るんだ!

 

 

その清掃員は、そのゴキーヌ(ゴキブリ)をちょこんと肩に乗せて足早に去って行った…。

 

 

プロ意識の高さ、

そして、ディズニーランドの究極のクオリティの高さを思い知らされた瞬間であった。

 

 

そのゴキーヌが

その後、ミッキーと踊ったのか、、、

 

それとも、自由に飛び立っていったのかは

さだかではない。。